ついに謝った小保方晴子に学ぶこと

どうやら作戦変更のようです。

あれだけ悪意のない単なるミスとしてつっぱてきた小保方晴子、

このままでは国民の賛同を得ないと判断したのでしょう。

こんどは女の武器を使っての国民の感情に訴えてきました。

あのままではどう考えても勝ち目はなかったのは明白でした。

多分、弁護団参謀の入れ知恵でしょう。

 正解です。

今度は理研を悪徳代官に仕立てる悪魔の作戦です。

「私が未熟で皆様にご迷惑をおかけして申し訳ない。

でも、STAPは存在します」と涙ながらの会見です。

女の武器を目一杯使っています。

多分、女性を味方につける作戦です。

女性の感情に訴えて理研を悪者にしてします。

恐ろしい!!

しかし、今日の弁明は感情論ばかりで

何らの物証や論理的な納得性をもっていませんでした。

あるならちゃんと見せて論理的な説明をすべきです。

「それでもSTAP細胞は存在し、

私はそれを世の中の役に立たせたい」だけでは

弁明になっていません。

これだけお騒がせしたのだからこれ以上は長引かせるべきでは

ないでしょう。

ノートが何冊もあるのならそれを見せるべきだし、

写真の取り違えのパワーポイントも見せるべきでしょう。

説明しているようで最後に説明を逃げています。

下手な男の浮気の言い逃れみたい??

私たちは今日の会見でまざまざと見せつけられました。

女には最終兵器があると。

マスコミも飛びついているみたいです。

女の涙恐るべし!!

これには決して逆らってはなりません。

悪魔も逃げ出します。

理研のおじさんたちはまたまた迷路に入りそうですね。

しばらく楽しめる(^0~)!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする