イスラム国の人質問題を考えた

日本中が注目した人質問題は最終的には

悲劇的な結果に終わってしまいました。

お二人の冥福を祈ります。

今回いろいろな意味で我々は考えさせられたのではないでしょうか?

私奴も刻々と変わる情勢に思うことがいろいろありました。

 

積極的外交の阿部さんは海外に行くたびにお金をばら撒いてきます。

人道支援とか大義名分を掲げていますが、

日本はそんな外国にお金をあげるほど余裕があるのでしょうか?

1000兆円も借金を抱えているのに

おぼちゃまはまだ派手な生活をしたがっているのでしょうか??

そんなところにイスラム国は付け込んできた??

どんな国でもどの時代でも派手なやつは犯罪者に狙われます。

其の煽りを喰らったのが後藤さんと湯川さんでしょう。

240億位だしたところでいまさら借金が増えたところで余り関係なかったはずです。

そのくらいは払うという覚悟をもって阿部さん、海外ではお金をばら撒いてください。

それなら納得できます。

しかし、もし240億支払って彼らが解放されたら

国民はどういう反応示したのかまた考えてしまいました。

かなりのバッシング??

 

それにしても可愛そうなのは湯川さんです。

彼のこれまでの人生は余りに悲惨です。

おまけに後藤さんは称賛されても彼がマスコミで

取り上げられることは余りありません。

マスコミは同じ仲間の功績を細部にわたって取り上げることで

ジャーナリズムの重要性を強調しています。

つまり業界全体の価値を広報しているのです。

後藤さんに対するこの異常な賛美は違和感を覚えます。

本当にそうなのかと?? 

僕は湯川さんに深い同情を感じています。

こんなに報われない人生があるのかと・・・。

人生の敗者はみじめ過ぎる・・・。

彼のお父さんのコメントがいたたまれませんでした。

一生懸命世間と後藤さんに侘びていました。

 

そして深く考えてしまったのがイスラムそのもです。

どんなにイスラム国とイスラム教の教えは違うんだ、

かれらはテロリストなんだという

叫んでも何か違和感を覚えます。

戦前の日本が特攻を生んだり、

海外で非道なことを行ったことと同じように

根本にはイスラムそのものの思想教義があるのではないでしようか?

今回のイスラム国だけが特殊ではありません。

イスラムでは同じようなことがずっと続いています。

 

パンドラの箱を開けたのは多分ブッシュのイラク戦争です。

中近東からフセインという独裁者を取り除いたことで

すべて重しがとれてしまいました。

民主主義こそが唯一の価値観ではないことが証明されました。

独裁で統治することがベッターな文化圏もあるのです。

すべて白人の文明を押し付けるおせっかいが

今の現状を生みだしました。

その裏にあるのはつねにマネーであることは明らかです。

これからは西洋の民主主義とマネー追求主義は混迷を極めるでしょう。

我々も当然アメリカに従う以上、もはや其の嵐から逃れられないでしょう。

 

イスラムと西洋キリスト社会の衝突は今に始まったことではありません。

1000年以上の対立です。

そしてこれから起こるのはイスラムと中国拝金主義の衝突です。

世界は三つ巴になっていきます。

 

そのなかで日本はどうするかです。

提唱したいのは第二次鎖国の開始です。

日本にもう経済発展はいりません。

贅沢はやめて農業を主体とした自給自足で静かに日本で暮らすのです。

これまでの国の貯金があればそこそこの生活はできるはずです。

西洋文明に染まることは決して幸福とは限りません。

観光立国なんてとんでもない。

中国人のいない静かな温泉でのんびりしたいだけです。

 

もちろん、海外情勢は大まかに知るだけでいいので

わざわざジャーナリストが危険地域に出かける必要はありません。

湯川さんのように人の紛争に首を突っ込むこともなしです。

基本的には日本人は海外渡航禁止です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする