カネボウの美白

 

一時の顔グロから今や世の中、美白ブームです。

紫外線が皮膚がんを誘発するとの研究成果が

発表されたことによるもでしょう。

皮膚がん怖いがんで致死率が極めて高いがんです。

 

美白はマイケルジャクソン、スズキソノコを思い出しますが、

どちらも短命でした。

カネボウなどの化粧品はメラニン色素を生成する酵素を

抑制することで美白を実現していたようです。

考えてみれば、この美白も極めて自然の摂理に反した

健康には逆行した行為です。

その結果の白斑でしょう。

人間はある程度紫外線を浴びないとビタミンDがあ生成されず、

精神的にも活性化されません。

必要以上に紫外線を遮断する行為はむしろ健康を

害します。

 

人間は、冷静になって考えれば自明の理でも

その時その時の流行りの大きく流されるようです。

それは美を手に入れるために

悪魔に魂を売る行為と等しいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする