サイゼリア・ウンチの恐怖

とある板橋にあるサイゼリアであった出来事です。

 

サイゼリア看板

サイゼリア

時間は平日の16:00少し過ぎた頃です。

私は通りがかったサイゼリアに一人入り、ドリンクバーとチーズケーキをオーダーしました。

サイゼリアは値段の安さと量と味付けではいつも満足しています。

しかし、チーズケーキは全く冷凍そのままでチーズの風味が足りませんでした。

余りお勧めではありません。

少し読書して、トイレに行った時の目撃です。

 

トイレに入ると一人の小柄なおじさん(60歳位?)が

大の方のドアの前で落ち着かなそうにウロウロしていました。

 大の方のドアは閉まっていてどうもウンチがしたくて

順番待ちしているようでした。

僕が側でおしっこをしている間も焦ったようにウロウロしていました。

かなり辛い状況のようでした。

僕がおしっこが終わり、手を洗ってトイレを出ようとしている瞬間、

そのおじさんは急にズボンを下げてお尻を出して

僕が済ました小便用の便器にお尻を被せていったのです。

サイゼリア便器

小便用便器

「え!!まさか!!」

と思った瞬間、大便用のトイレのドアがガッチャンと開きました。

その時出てきた人Bはびっくりした顔で

尻をまくっている小柄なおじさんAを見下ろしました。

ぼくはほぼ同時にその時トイレから外に出たのです。

まさか!!そんなことがあるのか!!

と思いつつぼくは席に帰り、座って本を読むふりをしながら

トイレの方を見ていました。

戻る勇気はありません。

すぐに大のトイレから出てきたおじさんBが

そそくさと自分の席につきました。

しばらくする小柄なおじさんAがトイレから急ぎ足で出てきました。

そしてそのまま会計もすることなく、外に置いてあった自転車に乗り

逃げるように立ち去ったのです。

私はトイレで何が起きたか推理してました。

すると大のトイレから出てきたおじさんBがトイレに戻って行きました。

そしてすぐに出てきて店の店長らしき人にトイレの方を指さしながら

なにか話していました。

すると店長らしき人はトイレの方に急いで駆け込んでいき

戻ってきて便器掃除用の柄のつたタワシを持っていきました。

そうです、もう間違いありません。

多分、小柄なおじさんAは自転車で店の前を通りかかり

ウンチがしたくなりお店のトイレに駆け込んだ。

大のトイレは空いてなくておじさんは我慢できなくなり

小の便器に尻をまくってウンチをしてそのまま逃走!!

これが多分真実です。

師走の東京で起こった世にも恐ろしい

出来事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする