パイロットの放送

 

久し振り北海道にやってきました。

それも久しぶりのANAで。

飛行機に乗ると最近非常に腹立たしいことがあります。

いつの頃か、いつの間にか機内では

パイロットがウエルカム放送をやるようになりました。

ANAは特にJALに比べてはっきりと必ずやっています。

それが私めには非常に不愉快に感じるのです。

勿論、機長がお客様に歓迎のごあいさつすることは

当然でありむしろ喜ばしいのですが、

その時間帯です。

必ず、離陸後30分~50分くらいの時間帯で

放送が流れるのですが、

その時間は丁度寝入った頃で一番気持ちいい時です。

それが大きな音量での放送で一発で起こされてしまいます。

その時の腹だたしいことこの上もありません。

特に早朝の便は早起きしてかなり眠たいときです。

 

機長は誇ったように今日のフライトの高度とか

到着地の天気の説明をします。

「そんなこと聞きたくもない!!」

何か勘違いしていませんか??

日本人の憧れの機長からの放送だから

ありがたく聞けとのことでしょうか?

それが機内サービスだと思い込んでいるのでしょうか?

そんな放送なんの興味もありません。

特殊なことが起きた時なら仕方ないけど

挨拶放送は離陸前か着陸後で事足ります。

誠に飛行機会社の傲慢さを感じます。

ビジネスマンは特にいつも迷惑そうな顔しています。

喜ぶのは初めて飛行機に乗る田舎のおばあちゃんくらいでしょう。

 

最近はスカイマークによく乗りますが

そのような放送一切ありません。

おまけに安い。

機長放送も料金のひとつなのでしょうか?

何がサービスかまるで分かっていない

押しつけのサービスです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする