山中教授の謝罪

今日、山中教授が14年前の論文の画像で謝罪しました。

その姿の中には苦渋と悔恨の極めの気持ちを見ました。

これもすべて小保方晴子のあおりを食ってしまった結果です。

日本の宝があの小悪魔の幼稚な科学者ごっこに弄ばれたのです。

どう考えてもあの程度のレベルの科学者が理研の

リーダになるわけ訳はありません。

これまでの私の経験からしてもあの魔女を格別に

もて囃した人間がいたのです。

それは勿論、女という武器に負けた結果でしょう。

体の関係はなくても日本の組織人間は女の色気には弱いのです。

ちょっとオッパイ触らせた位で魔女の思いのままです。

特にまじめでお固いお仕事の人はあるときに狂います。

そんな例は嫌というほど目にしてきました。

魔女の罠にはまって日本の科学者とマスコミは

魔女狩りに没頭しているようです。

女は怖い!!

鼻の下を伸ばして悦に浸っているととんでもない目にあいますよ。

身近な女には気をつけてください。

昔は仕事中に溜まった性欲は会社の女で晴らすか

取引先の女で解消するとマジで思っていましたが、

今や時代は変わったことを我々は自覚しなくてはなりません。

仕事関係の女には気を付けないと身の破滅です。

みなさん、やりたくなったら1万円もってファッションヘルスに行きましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする