正義の味方はお金に弱い

 

渡辺善美と猪瀬直樹の二つの事件は国民や都民に

深い失望を与えました。

事件の経緯と二人の弁明は余りにも似ています。

お金の管理は妻の口座までも一緒です。

二人とも華々しく体制や官僚を責め立てていました。

その姿に国民は月光仮面のおじさんを思い出していました。

しかし、お金には弱かった!!

 

悪者を責め立てるときは容赦なかった正義の味方も

立場が変わって追求されると筋の通らない見苦しい言い訳に

終始したのも一緒でした。

潔さがまるでない。

あんなに人を攻めているときは弁明は認めないと

言っていた二人でしたが、噴きだすような言い訳ばかりでした。

これにも国民は深く失望しました。

 

我々はここで悲しいかな学んだことがあります。

  • 正義の味方はお金に弱く見苦しい!!
  • 綺麗事ばかり言ってるいる奴は信用できない

結局みんな自分のことしか考えていないのです。

 

しかし、ここでもう少し考えてみました。

なんで二人ともこんなことになってしまったのでしょう。

あまりにも成り行きが似ています。

バレたのも貸し手側から暴露でした。

本当はバレるはずはなかったのでは??

 

これは日本の深い闇に潜む魔界の

見えない大きな力による罠だったのでは??

あまりに二人とも体制や官僚を責めすぎた??

これに排除しようとする体制という魔界がしかけた罠??

魔界の支配者は正義の味方はお金に弱いことを熟知していて

大きなエサを目の前にぶら下げ、

それに二人とも見事に食らいついた。

そして程よいところで料理されたのでは??

 

少し考えすぎと言われるかもしれませんが、

何か釈然としないものが二つの事件にあったので

浮かんだことです。

この事件の本質はただ単に二人とも

正義の味方のカッコいい自分に溺れて

正常な判断が出来なくなっただけなのかもしれませんが・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする