異物混入事件

各地の食品メーカ ファーストフード、スーパーなどで

異物混入が報道されて大きな社会問題に最近なっています。

責任者はこぞって会見を開き、

深々と頭を下げています。

確かに口の中に入れて体に取り込む食べ物ですから

異物の混入は許せないないことです。

しかし、こんなことでいいのでしょうか?

会社側は混入の事実を最近は自ら明らかにし、

会見を開き陳謝します。

そこにマスコミが飛び付き報道されます。

名前のある会社であればある程大々的に報道されています。

何故自ら会社側は混入を明らかにするのか?

それは消費者がネットで混入を公開し、

それがネットで攪拌する現象が相次ぎ

社会的な非難を浴びるからその前に自ら謝罪する図式です。

しかし、このような混入は最近起こっていることではありません。

そもそも完全に混入しないほうがおかしいのです。

栽培や飼育の段階で、また加工の段階でその可能性は無限にあります。

ある程度は仕方ないことではないでしょうか?

私なども買った食品や飲食店で変なのもが入っていたことが何度かありました。

口の中から難いものが出てきたこともありました。

しかし、その時は取り除いて食べ続けただけです。

冷静に、さもあることと対応すればいいだけではないでしょうか?

それが最近では絶対悪のように報道されていきます。

今回はビニール片や金属片がなどが入っていたようですが、

製造段階でありうる話で毒入り餃子や針などが入っていたことと

質がまるで違います。

日本の異常な潔癖症が垣間見られれます。

マスコミなどもその本質をよく見て報道すべきです。

悪意や怠慢などで起きているものとは本質的に違います。

商品メーカは異物混入に関してそれなりに必死にやっています。

原料のチェックや途中の目視検品、最終出荷の金属探知など

世界中のどこよりも必死でやっています。

そこに見られるのは都会の阿呆な女たちの潔癖症と無知です。

(あっ!うちの嫁もその阿呆の1人です)

どのように作物や肉魚が作られ加工されていくか考えてもいません。

清潔な工場で無菌な状態で生産されない限り許せないようです。

異常な無菌志向は人の免疫力に異常をきたし、アトピーや花粉症の

原因となっていることに目を向けません。

人が健康を保つには無菌で安全な状態ではなく

雑多な環境の中で暮らす必要があります。

食品には菌も付けばいろいろなものが入り込む可能性があるということを

ある程度は認識し認めて行かなくては生命力溢れる人間で居続けることはできません。

今回の一連の事件で食品製造者はますます検査の為の体制と

検査機器の導入を余儀なくされるでしょう。

原料管理もしっかり行われて、はねられる原料も増えるでしょう。

それはどういう結果になるかです。

全て単価という形で我々に返ってくるのです。

小さな食品会社は設備投資はできず取り残されていきます。

それは地方再生と全く矛盾する方向性になります。

もうそろそろ止めませんか?

多少食品に何か入っていても大騒ぎして大げさに報道するのは。

我々は世界で一番高い食べ物を食べる羽目になりますよ。

賞味期限問題も同じです。

切れたからといって廃棄するような馬鹿なまねは止めましょう。

結局販売単価を押し上げているだけです。

多少腐っていても我々には鼻や舌があって異常なものは感知します。

例え食べても胃のほうはすぐに吐き出してくれます。

自分の本能を信じる生き方をしていきましょう。

実際に私は何度も戻しています。

もっとも賞味期限は美味しく頂ける期間であって

きっちり冷蔵庫などで管理している食品は多少は切れても問題ありません。

特にマスコミの皆さん、過剰な演出的な報道は控えて行くほうが

よろしいのではないでしょうか?

その時の流行にしたがって報道しているとしか思えません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする