百恵ちゃんの脇毛

百恵の脇毛

 

 

勿論これは合成です。

この時代はまだまだ女性に腋毛はあったとはいえ

流石にこれはありません。

しかし、何故かドッキとさせられます。

今や女性の腋毛は死滅しました。

 

いつから日本の女性から腋毛が消えたのでしょうか?

こんなにエロチックで悩ましき素敵なセックスシンボルが

何故なくなったのでしょうか?

 

私がセックスを覚えたてのころはまだ腋毛は生息してました。

しかし、平成にはほとんど見られなくなってしまいました。

昭和は腋毛ある良き時代でした。

子供のころは女性の腋毛の中で暮らしていたような気がします。

夏になるとノースリーブなるものも流行り出して

あちらこちらで脇の下からはみ出た腋毛が見れたものでした。

女性も恥ずかしげもなく吊革にぶら下がり

腋毛を見せてくれていました。

どんなに暑くても夏は大好きでした。

それがいまでは嘆かわしい!!

腋毛は汚いものおぞましいものとして

忌み嫌われているのです。

 

昭和の時代、私は女性の腋毛が大好きで

セックスの度に舐めさせて

悦に浸っていました。

そう腋毛マニアなのです。

黒木香なるAV女優も人気を博していました。

あの真っ黒で濃い腋毛を見るだけで勃起してしまってました。

腋毛

 

それがいつから腋毛は完全否定されたのでしょうか??

日本の女性の行きすぎた清潔追求の結果でしょう、たぶん。

日本の女は異常です。

腋毛処理を行っているのは日本の女たちが一番熱心とか。

海外では腋毛は当たり前です。

日本の女性は極端に汗臭さを嫌い、

身の回りのも全て殺菌しなくては

気が済まないようです。

その結果、日常で細菌に触れる機会がへり、

免疫力が落ちる結果となっています。

特に子供たちにその影響が出てきて

アトピーや花粉症が多くなったのは子供たちの

免疫系の弱体化とも言われています。

 

腋毛は第二次性徴期で性ホルモンの分泌によって

生えてきます。

腋毛の根元には性腺がありそこから男を惹きつける

フェロモンを分泌しています。

そしてかなりの性感帯でもあります。

舐めてあげると女性は歓喜の声を上げます。

腋毛は立派な性器の一部なのです。

男は腋毛の生えた脇の下に顔をうずめるだけで

脳は興奮し幸福感に包まれます。

こんな想いをもう二度と我々は出来ないのでしょうか?

おかあさん!

あの卑猥な腋毛はどこへ行ったのでしょうか?

 

女性は今や腋毛を単なる無駄毛と称しています。

そのうち股間の恥毛も無駄毛として否定されてしまうのではないかと

密かに恐れています。

 

あの懐かしい昭和の女の腋毛はどこへ行ったのでしょうか・・・・・。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする