4-0ブラジル戦の惨め

昨夜はまたまた日本国民は情けない思いをしたのでは

ないでしょうか?

ワールドカップの戦いがまるで教訓になっていませんでした。

一体何を考えて日本は強豪ブラジルと戦ったのでしょうか?

勝てるつもりでいたのでしょうか?

ワールドカップでは世界とのレベルの差を痛感したはずです。

本田が優勝目指すといった言葉が如何に

身の程知らずことかまだ分かっていません。

日本はサッカー弱者なのです。

弱者には戦法は一つしかありません。

負けない戦略です。

守って守って引き分け狙いで、

そして何かのワンチャンスで1点取って勝つ戦法しかないのです。

織田信長でさえ戦ではほとんど負けない戦略でした。

いつも完勝していたイメージですが、

あれはテレビ映画が面白く表現しているだけです。

弱者は負けないことが大切なのです。

そのためには徹底的な守りです。

攻めのサッカーは世界のトップクラスのやることです。

いやむしろトップクラスは守りが主体です。

まるで日本は分かっていません。

前半いい攻めをしたなどといっていますが、

あれはブラジルが前半攻める気がなく手を抜いていたからです。

川島の反応の悪さや本田が前半いないなどは敗因ではありません。

まるでサッカーと日本チームを理解してない監督の頭の悪さです。

顔ツキからして知的とは言えません。

最終的な戦犯は日本サッカー協会の監督チョイスです。

守備主体の監督を選ぶべきです。

そしてもう外人監督はうんざりしました。

昨夜はツマラナイ無駄な2時間を過ごしてしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする