嘘つきな芸能人のグルメレポート

よく騙されることの一つにグルメ番組でレポーターの感動の表情です。

口にした瞬間、大きく放たれる「うまい~~~~!!」の感嘆の報告に

そんなに美味しいなら

とチャンスを作って食べに行きます。

しかし、いつも期待は大きくはずされます。

えツ!こんなもん??

確かにまずくはないけど

この程度でなの??

あのレポーターの感動の叫び声は一体??

騙されました!!

いやいや、そんあ芸能人の報告を真に受けたほうが

悪いのです。

考えてみれば

食番組は普通の味では成り立ちません。

レポーターが

まあまあです

では見ている側もまったく面白くないのです。

売れるレポーターは

如何に普通の味でも美味しそうに食べるのか

大げさに美味しいと表現豊かに言えるのかが問われているのです。

多分、自ら表現法を日ごろから練習しているのでしょう。

まいう~

が一番いい例でしょう。

テレビ局も

どうせ実際に食べに来るやつは少ないし、

食べに来てもうまいと思い込んで食べるだろう。

実は日本はイギリスなどとは違って

まずい食べ物やレストランは少ないのです。

どこにいっても多分美味しいのです。

であったら

不味い食、最低レストラン番組のほうが面白いのではないでしょうか?

まずい~~~~!

こんな叫び声が聞いてみたい。

そのときの辛そうな顔が見てみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする