お~い、原辰徳君!!

そういえば、巨人の原辰徳元監督は

どうされているのでしょうかねえ?

巨人、球界は賭博、金銭授受問題で大騒ぎです。

彼の大ナベツネ様も引責辞任です。

昨年末、このような事態を予感して

早々に辞任した原さんは賢かったと感心しています。

しかし、このような事態でまったく知らんプリは少しいただけません。

すべて彼の監督時代の出来事です。

ババアを引かされた高橋由伸新監督には同情します。

やはりスターは運が最大の要素かもしれません。

原君も高橋新監督も現役時代決して1流の選手ではありませんでした。

タイトルはとることのないいつもそこそこの成績でした。

いわば1流半との選手でした。

江川や松井君たちはちゃんとタイトルを取っていますが

監督にはなれません。

江川は汚れたイメージが、

松井は裏切り者のイメージがどうして付きまといます。

ナベツネさんにもきっと好かれなかったのでしょうね。

原君も高橋君もナベツネさんにうまく取り入ったのです。

会社にもまったく同じことが良く起こります。

社長になるのはいつも程ほどのトゲのない男たちです。

尖がった一流の仕事男は決してトップになることはないのです。

笑顔と忠誠心、そして運こそが

組織で生き残るための最大の必要要素です。

原君!!

このまま何も語ることはないのかねえ!!

余計なことを言わないほうが賢いことは充分わかるのですが、

それにしても無責任ですよ。

(元巨人の大ファンより)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする