ヒロミ

過去の芸人と思ってすっかり忘れていたヒロミをみかけることが

最近、非常に多くなりました。

今更、なんで??

とついつい感じてしまい、チャンネルを変えると

また出ていたりします。

司会をするでもなく、

ただ他の芸人と一緒に何かをしゃべっているのですが、

気の利いたこと一つもいいません。

少しも面白くないのです。

なんでまた復帰してきたのでしょうか?

テレビ局も何故、面白くもない旬の終わった芸人を積極的に使っているのか

よくわかりません。

テレビの番組はよくみればほとんどの同じような顔しか見かけません。

ほんの一部のタレントや芸人が組み合わせを変えて

同じような内容の番組に出ているのが今の地上波テレビです。

数種類の金太郎飴を舐めさせられているのが今の視聴者ですが、

多くはそれに気づいていません。

流石の小生もこれにはうんざりしてしまい、最近はBSばかり見ています。

ヒロミと同じように

古代のギャグで数多くの番組に出ているのがタケシです。

この方も何が面白いのかよくわかりません。

第一、何をいっているのかよく聞き取れません。

ヒロミと同じくタケシを起用している意味が分からないのです。

何かタケシもヒロミもデレクターのキンタマを掴んでいるのでしょうか?

それとも日本のテレビ視聴者は有名人や知っている顔さえ見ていれば

喜ぶような馬鹿な人達ばかり??

地上波衰退が言われはじめて久しいのですが、

原因ははっきりしています。

中身内容がないからです。

その意味でNHKやBSのほうが興味ある番組が多いのは事実です。

日本の人口の高齢化は若いとき好んだ阿呆番組よりは

きっちり中身内容のある番組しか選択しなくなることつながっていくはずです。

何しろ時間がない人たちは無駄な時間を使いたくないからです。

お願いだから落ち目のテレビ局さん、

ヒロミなんかに頼るのは止めてください。

テレビは新鮮で中身ある番組つくりしか生き残る道はないはずです。

それがテレビ局の使命です。

いまや各局には芸人とアイドルしか出ていません。

その為に地上波テレビは進化できません。

芸人とアイドルカップルが実に多くなっている結果につながっているだけです。

思い切った改革を期待します。

うちの嫁が喜ぶレベルの番組ばかりでは生き残れませんよ!!

(食事の時は嫁の喜ぶ番組しかつけてもらえません・・・)

最後にイヨと言う痩せたババアをもう見たくないのですが・・・・・。

お願いします!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする