お尻がむず痒い!!

3週間ほど肛門の周りがむず痒いのです。

朝起きた時とかお風呂に入ったときなど痒くて堪りません。

まさか、ぎょう虫?!

この現代に??

と疑ってしまいましたが、

色々ネットで検索したらある答えが見つかりました。

それは

お尻の洗いすぎ!!

です。

小生、体質的に食べれば出たくなるという

世の女子が羨むような便秘知らずです。

その為、日に2~3度ウンチします。

そこでいつもお世話になっているのがウオシュレットです。

神経質な小生はたっぷりとお尻の周りまんべなくお水(湯)を吹きかけて

付いた便を残さないように苦心します。

ところがウオシュレットというやつは肛門を刺激して

洗えば洗うほど更に便意を促します。

丁寧に洗っては排便、丁寧に洗っては排便の繰り返しで

なかなか御トイレから出れません。

どうやらこの一連の小生の習性が実に良くないようなのです。

この日本の誇るウオシュレット文化が肛門周辺の痒みを

引き起こしているとゆうのです。

つまり洗いすぎによる湿疹なのです、原因は。

肛門掻痒症(こうもんそうようしょう)が正式な病名です。

洗いすぎることで肛門の最近にバリアが崩壊して

湿疹などが出来るのだとか・・・・。

ところが少し、いいこともあるのです。

平常は掻くと増々悪化するので我慢しているのですが、

ところがここを舐められると何とも言えない快感が走るのです。

小生のセフレはフェラチが大好きで20~30分は舐めてくれます。

実に可愛い女でお尻の周囲も丁寧になめてくれます。

先日、そのお彼女と会って一戦交えたのですが、

このむず痒いお尻を当然のように舐めてくれたのです。

小生は身をくねりながら悶えました。

その感触がなんとも言えない快感なのです。

我慢できないくらいの痒みと気持ちの良さが入り混じって

小生は思わず声を漏らしてしまいました。

一体、この感触は!!

いままで味わったことのない快楽世界です。

さてそれから小生は大きく悩んでしまっています。

病院に行くべきか?

それともこの快感を更に追求すべきか?

ちょっと馬鹿げたお話ですが、

人生の悩みなんてのは所詮こんなものかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする