おばちゃんの会話

今朝、目の前でドトールでおばちゃん2人が話し込んでいました。

周りも朝なので不機嫌に無口にしていたので

声が嫌でもよく耳に入ってきました。

内容は自分のアレギーに関することとか相手の着ている洋服のこと、

特に注目すべきものはまるでないものです。

しかし、話は決して途切れることはありませんでした。

言ってしまえば、何か新しい知識が盛り込まれているわけでもなく、

結論らしいものを引き出そうとしている気配はなく、

ただただ言葉をつないでいるだけなのです。

それで二人は充分楽しそうなのです。

この辺は我々男族には理解不能な付き合いきれない

女族の生態です。

もし、相手の女性に何かを期待している場合は、

この生態をしっかり計算したうえで望んでください。

どんな興味のない話でもとにかく相手に話させることが

重要なようです。

見返りは必ずあるはずです。

男としての修行と捉えるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする