携帯会社の割引

今は私はauのi-phoneを使っています。

契約のときいろいろと説明されてそれが未だに

よく理解できないまま使用しています。

割引の中身や最初のオプションの説明をいろいろしてくれましたが

最終的にはこのくらいの値段かなで契約してしまいました。

 

毎月の請求はほぼその時に思った通りの金額で来るのですが、

不思議なのはその割引額の金額です。

請求額は毎月9800円程度でほぼ安定しています。

しかし、値引き額が毎月180、000円もついているのです。

つまり値引きなしでは僕の使用料は

なんと200、000万円近いのです!!

 

一体こんなことって他にあるでしょうか?

一回きりでなく毎月継続的に続きます、この値引き。

異常な値引きです。

ほぼ95%値引きです。

それも毎月。

それだったら最初から値引き値段を提示すべきではないのでは?

まるであえて有り難いと思わせている??

キャリア同士の競争のため??

しかしどの会社も同じような中身です。

 

これって完全誇大広告ではないのでしょうか?

公取委は何も気にしてないのでしょうか?

 

不思議なのはそれだけではありません。

最初に無理やり入らされるオプションアプリです。

ご不要でしたら一ヶ月以内に自分でご解約くださいと言って

強制的に入らされます。

解除を忘れる人が多いのを見越しています。

それに細かく請求書見ない人が多いのも事実です。

これは押しつけ販売抱き合わせ販売の典型です。

 

みんなスマホ等に対する信仰心が強すぎて盲目です。

日本人はスマホ・ケイタイ教の呪縛から

早く解き放たれるべきなのではないでしょうか?

一日中それこそ歩きながらもスマホの画面を拝みながら

お祈りしているようです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする