少子高齢化で女の値段が上がる??

日本の社会的問題として少子高齢化の危機が叫ばれています。

高齢者の数が増えて若い層の人口が減少する問題は社会保険の維持や介護ヘルパーの数不足、

労働者の大幅な不足などの懸念事項が予測され他人ごとではない危機が

目の前に迫っています。

これらの問題は確かにおそらく日本の経済や国家そのものの維持にとって最大のリスクとなると思われますが、

セックス産業にも多大な影響を及ぼすことが予測されます。

即ち10代や20代の若い女性の減少に伴うセックス単価の高騰です。

中高年は医療技術の向上や補助食品、医薬品の開発によってますます長命化し、

健康年齢も高まります。

精力剤や勃起改善薬の開発が顕著な現状においては

特に男性のセックス可能年齢は大幅に高齢化し、

80代も充分通常性交が可能になるでしょう。

そうなると男は女性を市中に求めます。

特にじいさんは若い肌に目がありません、

若い女性の減少とそれを求める男子の増加は需要と供給のバランスを完全に崩します。

これは経済における価格原理に従うでしょう。

つまり若い女性の価値が高まり性の値段はかなり高騰します。

現状2万~3万で買える20代女性も4万から6万が相場になると小生は予想しています。

それは多分必然でしょう。

40代の女性も余波で高額なお値段になるはずです。

それは若い男性も同じ状況に陥いるからです。

そうなると彼らが目をつけるのは30代40代の女性です。

30代40代の市場価値は高まります。

40代女性は1.5~2万が市場価格ですが、

多分3~4万と予測します。

ではその時の対策を如何にするかです。

そうなったら仕方ありません。

50代60代の現状無価値の女たちを再生再利用するしかないでしょう。

もうひとつの対策は海外の若い女性の輸入です。

東南アジア等が供給源になるはずですが、

国産車はもはや高根の花とせざるを得ないでしょう。

純国産愛用者にとっては辛いことになるのです。

若い女性の性産業における高騰はもはや避けられません。

今のうちですよ、みなさん、若い女性を食して快楽を貪るのは。

充分まだ手が出るうちにご堪能ください。

オリンピックが終われば売り手市場は必定です。

10代20代の女たちは必ずや強気な要求を突き付けてきます。

若いギャルたちがおっさんの足元、イヤ、チン元をみるおぞましき性産業冬の時代がやってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする