濃厚接触・・・セックスでコロナ感染しない方法??

あまり報道されていないようですが、

ソープやファッションヘルスで働く女性や男性たちの

新型コロナの感性比率はかなり高いと言われています。

お店側からは、感染した従業員たちには決して風俗関係であることを

明かさないように言われているそうです。

また、客たちの感性した人たちも、風俗を利用したことは

明かすことほとんどないそうです。

どうやら、今回の新型コロナは、

ツバを介して感染する可能性がかなり高くなってきています。

風俗の危険性はそこに潜んでいるようです。

人の口内には、このウイルスが取り付きやすい受容体が数多く存在し、

特に舌においてはそれが堅調であることがわかってきました。

そのために、PCR検査も鼻の粘膜液の綿棒採取よりも

唾液検体採取のほうが感度が高く有効であることが報告され、

近く唾液によるPCR検査も始まります。

新型コロナは、感染者の放出する唾液によって拡散されていると

推測されてきています。

そのために、感染者がツバを外に放出するような場面に

長時間見を身を晒すことで自分も感染するということになっていきます。

ライブハウス・コンサート・イベント、宴会・飲み会、スポーツクラブ、

クラブ・バー、接客業種などが危険度がかなり高くなり、

その中でも風俗関係は、サービスが濃厚になればなるほど、

デープキスのサービスで満足度が高まれば高まるほど

感染率が高くなるという構図となっていきます。

では、当面、我々男たちは、

ワクチンが開発されるまで女性との濃厚接触を

控えなくてはならないのでしょうか?

快楽を堪能するためには、

敢えて大きな危険を犯さなくてはならないのでしょうか?

安心してください。

ここに一つだけ安全なセックスのやり方があります。

海外のある研究で次のような報告が上がっています。

膣粘膜には、

新型コロナの受容体は認められなかった

と。

これはつまり、ペニスと膣の接触では新型コロナは伝染しないことを意味しています。

通常、ウイルスは粘膜を介して感染することが多いのですが、

なんと喜ばしい報告でしょうか!!

しかし、ここで我々が、注意すべきは、

あくまでもペニスの膣への挿入だけでは移らないということです。

つまり、女性と会話やキスをすることなく、

ペニスをバギナに挿入するだけの、

出すだけセックス行えば感染しないということです。

勿論、女性に大きな悦びの声を挙げさせるような

濃厚な愛撫も控えるべきでしょう。

喘ぎ声でツバが飛んでしまいます。

愛の囁きもご法度です。

身体も舐めてはイケません。

前戯愛撫は全て省略して、

すぐにペニスを挿入して女性が感じる前に早く終わるしかありません。

更に、万全を期するなら、

女性と正対することのない後背位をお勧めします。

あれだけ、非難の的であったパチンコ屋さんで

クラスターが発生してないのは

みんなマスクして前を向き、

しゃべることなくモクモクと遊んでいるからです。

ここにも楽しむための法則が隠れています。

とにかく、危険なことは相手の唾液です。

そして膣壁は安全です。

そこで取るべき手段は一つです。

女にマスクさせて、しゃべることなくモクモクと

ペニスを出し入れし、射精したら動物のように直ぐに離れるのです。

感じやすい女性には、口の中に小タオルを入れて、

その上からマスクをしてしまいます。

女性と愛の余韻を楽しむことも、この際、諦めてください。

それはまるでオナホールでのオナニーと同じかも知れませんが、

まだまだ本物の方が味がいいのは確かです。

世の多くの男性の、

もはや妻や彼女と喋るのはウンザリという御仁には

喜ばしいセックス法になるでしょう。

また、コロナが恐ろしくて、

ペニスが縮んでしまっている男性は

この無口後背位挿入法で是非、元気を取り戻してください。

ただし、上記のメソッドは個人的な見解であって

臨床的に証明された訳ではなく、

コロナ感染しないことを保証するもではありません。

スポンサーリンク
ハッピーメールバナー
ハッピーメールバナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。