原元監督のトンズラ

巨人は残念ながら優勝を逃してしまい、

その責任をとってか原さんは辞任しました。

この辞任、驚いた人も多いのではないでしょうか?

突然で何か不自然な感想をもったのでは?

原さんの辞任は巨人の野球とばく内部調査の発表の前に行われました。

福田投手の後の、笠原、松本選手の関与の発表の前です。

勘ぐれば

巨人は原元監督に傷をつけたくない一心で

発表の前に辞任させたと考えてしまいます。

この事件で原さんは何の謝罪もしていません。

本来なら監督の責任は大きい筈です。

本人も巨人も結託して

責任者を別の理由をつけて逃がしてしまい、

責任の追求から逃れたのでしょう。

原さんの辞任の理由も

後輩に道を譲るためと言っていますが、

本人はまだまだ年も若く、気力もある筈です。

成績も2位でありそれほど悪くはありません。

普通なら長期政権を目指す筈なのですが・・・。

その煽りを食ったのが江川卓かもしれません。

次期監督の有力候補としてあげられていましたが、

賭博問題を抱えている今の巨人には

ダーテイーキャラの江川を選ぶ余地はなかったのでしょう。

そこで白羽の矢がたったのが

クリーンで爽やかイメージの高橋由伸です。

実績からいってどうしてもいう人材ではない筈です。

何とかこの事件の汚いイメージをかき消す為の

ナベツネの一存なのでしょう。

確かに由伸は巨人一筋で裏切り者の松井を選ぶよりは

歓迎しますが、

野球への造詣が深いとは思えません。

むしろ江川の方がひねくれた考えで

野村さんに近い志向で面白い野球をやってくれそうです。

根っからの野球好きには堪らない野球になる筈です。

来年はますます野球に興味を無くしそうです。

小生、子供の頃は熱狂的な巨人ファンでした。

多分私の予想では由伸監督は3年で成績不信で辞任して

また原監督が復活するでしょう。

原君は賢い!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする